Blog

スーツの股上は深い方が良い!

最近の既製服のバランスについて、甚だ疑問に感じる事があります。

最近のコレクション

上の写真のようになる人はほどんどいません…。

着丈の短い上着は理解出来ますが、、、ゴージラインも高く、必然釦の位置も高い。総じて目線が上に行くような意図なのでしょうが、なぜにその上着に股上の浅いパンツを合わせさせるのか!!??

僕たち大方のアジア人には、似合いませんよ。
頭がデカく、腰の位置も低いのに、、、苦笑。
これは、単に身長の問題ではありません。
アジア人のバランスの問題です。

自分と同じくらいの身長の欧米人と写真を撮ってみられると必ず分かります。
僕はいつも切ない思いをします、、、涙。
デザインやディテールなんてどうでもいいので、鏡にうつる自分のシルエットに注力してみて下さい。きっと気付くはずです!切ないな、、、って。

スーツは上から下に繋がる縦長の線で見せるのが一番美しいと思いますが、
このバランスでは上下が分断されたイメージになります。
ファッション紙を鵜呑みにしている30台後半以上のおじさんたちに注意したいですね。それで恰好いいな〜という人に出会った事ありませんから。

少なくとも、クラシックなスーツのバランスではないでし、安っぽい。

僕はアントニオさんにスーツを作って頂く時は、一点だけ注文する事があります。股上を通常よりも深くして頂くことです。そのバランスで作って頂いても見た目はこんなもんです、、、溜息。

パンツのバランス

パンツのバランス

パンツのバランス

※パンツは必ず2プリーツで。2プリーツの優雅さが好きです。2プリーツだからシルエットが太くなるということもありませんよ

中川康成

リネンシャツ Liverano&Liverano

来シーズンから展開予定のLiverano&Liveranoのリネンシャツのご紹介です。

Livarano&Liverano リネンシャツ

Livarano&Liverano リネンシャツ

こちらはワンピースカラーになっているので、ボタンを外してもとても綺麗です。もちろんボタンを締めてネクタイを使うことも可能です。

Livarano&Liverano リネンシャツ

Livarano&Liverano リネンシャツ

Livarano&Liverano リネンシャツ

Livarano&Liverano リネンシャツ

今回撮影したこちらのシャツはお客様のオーダーされたシャツになります。オーダーされたお客様はイニシャルを入れることもできます。手縫いのイニシャルはとても美しく、愛着がわきますね。

Livarano&Liverano リネンシャツ

Livarano&Liverano リネンシャツ

Liverano&Liverano オーダー会

20日、21日に五割一分さんの会場にて行われたLiverano&Liveranoオーダー会。
多くのお客様が足を運んでくださりオーダーを楽しまれました。

オーダー会場

談笑

仮縫い、完成品

生地と靴下

仮縫い

生地の提案

一緒に撮影

Liverano&Liverano オーダー会 [動画]

オーダー会場である「五割一分」さん。

お客様の仮縫い、完成品。ディスプレイされたネクタイ。

お客様の仮縫いの様子。

オーダー会に向けて

オーダー会の日が近づいてきました。お店にはフィレンツェからお客様の仮縫いが届いたりと準備が着々と進んでいます。

以前にも告知した通り、場所は前回に引き続き今回も「五割一分」さんになります。

五割一分

とても落ち着いた開放的な空間。どなたもリラックスした状態でオーダーを楽しめる雰囲気です。

五割一分

オーダー会当日は、「Liverano&Liverano」の既成品も一部展示する予定です。オーダーは未定だけど、どんな雰囲気なんだろう…とか、「Liverano&Liverano」の世界観を見てみたいという方も是非お気軽にご来場くだい。心から歓迎いたします。

またオーダー会初日は、五割一分さんで現在開催されている「スタンダードチェア展」の最終日となっています。名作の椅子を堪能できる良い機会となっていますので合わせてそちらも楽しんでいただけたらと思っています。

富山のお寿司

先日、富山のお寿司の名店「華やぎ」に行ってきました。

華やぎ

こちらのお店はお寿司をコース料理として日本料理とともに堪能できるとても素敵なお店。昭和23年創業の富山の老舗名店です。今回伺ったときも、メロンの漬物、お刺身の盛り合わせ、のどグロの塩焼き、お寿司…などと、とても充実したコースになっていました。

メロンの漬物

刺身の盛り合わせ

のどグロの塩焼き

寿司の盛り合わせ

富山の海の幸をふんだんに味わえるお店です。富山に来られた際はFOGGY&SUNNYと共にこちらも是非。

Parisの兄貴

flore

大学生の4年生の頃、待ち合わせをしていたカフェで、それまで出会った方々の中で一番エレガントで格好いい男性と出会いました。山下哲也・兄貴。なんだこの人!?と思いましたね。オーラが半端じゃない。彼に憧れ、洋服屋でバイトするのやめてCafé de Flore表参道でバイトをはじめました。

装いも格好良かった。Arnysの黒のリネンのフォレスティエールに磨き込まれたBerlutiのシューズ。15年以上前の話ですよ。洗練されたシティーボーイに憧れる俺・カントリーボーイ。笑。

彼は今、Parisで活躍中。ピカソ(画家)やサルトル(哲学者)、
ボーヴォワール(哲学者)などが愛した老舗Café de Floreで。
右利きの白人・フランス人しか採用しないこの老舗カフェ・ド・フロールで
努力してメゾン(レギュラー)のギャルソンになった
彼。僕たちが想像もつかない努力の末、実力が認められ
メゾンとなることができたのです。
給仕に信念とプライドを持っている姿勢がサービスに表れていて美しい。。。
彼が受け持つテーブルに
座る固定客には、
セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの娘シャルロット、カール・ラガーフェルド、、、etc。
皆さまパリに行かれた際には、彼の持ち場のテーブルに座ってみて下さい。
決してお喋りにつき合ってくれることはないと思いますが、、、笑
彼の給仕の美しさを鑑賞するだけでも価値がありますよ。

山下哲也

エレガンスって、結局は生き方なんだな。ってことを教えてくれたParisの兄貴です。

先日発売された写真集「JAPANESE DANDY」では、Arnysで仕立てたグレイ・ヘリンボーン柄ハリスツイードのスーツに、グリーンのチェック柄ツイードコートを羽織って。
やっぱりかっこいいね。

山下哲也 JD

靴磨き

ブーツと短靴。お洒落に目覚めた思い出の靴2足です。

s1

ジョン・ロブ、コテージ・ラインのロッキー。20年選手。富山の風雪で劣化が進んでおりますが、大切に磨いてきました。白いステッチに気をつかいながら。先日初めてプロの磨きに出し、見違えるほど綺麗になりました。これからは、お年寄りに接する気持ちで大切に履こう。あと20年履けないかな〜。ビンボーくさ…笑。

初めて買った短靴。オールデン#990。踵の皮も裂けてしまったけど、補修して大切に履いてます。アッパーも微妙に裂けてきたな。こちらは、18年選手。

s2

大切に磨きながら履けば、20年はちゃんと履けますよ。良いモノって高価だけど、愛着を持って付き合えば長持ちするんです。

お洒落は足元からですよね。
みなさん、靴を磨きましょう♪

10月末にFoggy&Sunnyで靴磨きのプロをお呼びしてイベントを企画しておりますので、みなさまお楽しみに。

1 6 7 8 9

TOP